SMILE

さくら動物病院

Contact

さくら動物病院

さくら動物病院

2021/05/24

さくら動物病院

(愛知県)

URL:https://www.sakura-ah.jp/

【理念 〜クレド〜】
獣医業ではなく、医療サービス業を
お金をいただくことに慣れない、いつも感謝の気持ちを
気持ちは言葉に替えて、右足に載せて。
伝わらなかった気持ちは、無かったと同じ
情報はシステムに載せて、3人以上に無駄口を
百の仕上がりのために千の志で
サービスと規則、サービスを優先
病院は全員で作っていくもの、
各セクションを尊重しあい役割分担を
患者様をお守りする

【Vision】
医療を通して患者さん・それぞれの家庭・地域社会にハピネスの輪を広げていきます。ハピネスは人同士の温かい「つながり」「信頼関係」「安心感」「楽しさ・スマイル」です。

【Identitiy】
私達はスポンサーシップ溢れるハピネス・プロデュサーです。ビジョンを実現するために、私たち一人一人がハッピーであり、自らの可能性を最大限に開花し、常に成長するチームであります。

院長:平林 弘行先生

1)キャリア支援に興味を持ったきっかけを教えてください

 岡野先生と出会ったのが、きっかけになりますね。
“人の成長をサポートしたい“という思いは以前からありましたが、それがイコール人材育成やキャリア支援につながるイメージはありませんでした。岡野先生と、いろいろ話をするうちに、人材育成、キャリア支援という視点が広がりました。

2)Veterinary Career Lab SMILE に、キャリア支援を依頼したきっかけや理由を教えてください
 実は面談がとっても苦手なんです。あらたまった面談には、抵抗感があるんですよね。正直にいうと、僕は治療だけしてたい。でも、院長である以上は経営やそれに伴うスタッフ教育、労務の実務などやらないといけない仕事があります。苦手な中で、それをサポートしてくれる人がいないかと、心から欲してました。そんな時に、岡野先生が以前の勤務先をやめられると聞きました。岡野先生とは、岡野先生が京都の病院に勤められていた時代に、海外の研修で知り合いました。勤務医経験も長く、副院長、院長を歴任されていたことを知っていました。そこで、退職されるとお伺いした時に、1番に、来てもらえないかと声をかけました。話をする中で、今後はスタッフのキャリア支援をしたいという岡野先生を、後押ししたい、成長させたいという思いと、僕がサポートしてほしい部分がリンクすると思い、病院に来て頂くことになりました。

3)Veterinary Career Lab SMILEによりキャリア支援実施前にはどのような課題を感じていましたか?

 実際に岡野先生が来られる前から、いろんな学術的なことや自己啓発にも積極的に取り入れていました。 考えて行動してほしい、その想いが1番強かったのですが、なかなかうまく伝わらず、歯痒い思いをしていました。

また忙しく、スタッフの残業代も気になっていました。
働き方改革も始まり、自分達が勤務医時代に思っていた働き方とは随分変わり、どのようにすればいいのか、今後のことを考えると取り組む課題が多く、悩んでいました。
スタッフの個々の幸せを考えた働き方、給与体系、またそれらを実行するためには、堅実な経営も必要もですよね。課題はわかっているのに、どう取り組んでいけばいいのわからないという感じでした。


4)Veterinary Career Lab SMILEから、どのようなキャリ支援をうけていらっしゃいますか?

具体的には、スタッフの勤務体系の見直しから始まり、給与体系、人事評価など人事分野に可関わるところ、全てサポートしてもらっています。

僕の苦手とするスタッフとの面談も含めてですが、日頃からスタッフとの連携やコミュニケーションを積極的にとってもらっています。僕の言いたいことを通訳してくれているなと、感じます。

個々にキャリアカウンセリングを実施してもらうことで、其々のスタッフの悩みを解決してもらっているなと感じています。女性は結婚などのイベントや介護など、自身の悩み以外に問題を抱え込むことも多いので、その点を面談を通して、前向きに仕事に向かえるようにサポートしてもらっています。


5)今後どのようなキャリア支援を期待しますか?

僕自身は、スタッフの成長を見るのが何より嬉しいです。なので、スタッフが成長できるキャリアサポートを期待しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。