メラビアンの法則の正しい理解 人は見た目が???

Management

メラビアンの法則をご存知でしょうか?
1971年にアメリカで提唱された概念で、話し手が聞き手に与える影響について、言語情報・聴覚情報・視覚情報、それぞれの観点から数値化したものです。

多くの方が「メラビアンの法則」というキーワードを一度は耳にしたことがあるかも知れませんね。
「聞いたことない」という方も、「言語情報は7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%」というような話は聞いたことがあるのではないでしょうか?

とても有名な「メラビアンの法則」ですが、実は間違って引用されていたり、拡大解釈されて摂り入れられていることが多いのです。

今回は法則の正しい理解と、応用して日常や仕事に使えるポイントを解説していきます。

 

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則とは、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念で、話し手が聞き手に与える影響を、研究と実験に基づいて数値化したものです。

別名「3Vの法則」や「7・38・55ルール」とよばれる事もあります。

具体的には、話し手が聞き手に与える影響は言語情報、聴覚情報、視覚情報の3つから構成され、それぞれの情報の影響力は以下の割合であるというものです。

  • 言語情報(Verbal)…7%
  • 聴覚情報(Vocal)…38%
  • 視覚情報(Visual)…55%

それぞれの構成要素について詳しく説明します。

言語情報

言語情報とは、話し手が発する言葉そのものの意味や、言葉で構成される話の内容の事を指します。

この言語情報を使ったコミュニケーションは「言語コミュニケーション」「バーバル・コミュニケーション」ともよばれます。

聴覚情報

聴覚情報とは、話し手が発する声のトーンや大きさ、また、話す速さ(テンポ)や話し方(口調)などを指します。

視覚情報

視覚情報とは、話し手の目線や表情、態度や仕草、また見た目などを指します。
身体言語(ボディーランゲージ)とよばれる事もあります。

この視覚情報、そして聴覚情報を使ったコミュニケーションを「非言語コミュニケーション」「ノンバーバルコミュニケーション」と呼びます。

 

言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション

コミュニケーションの2つの種類、言語コミュニケーション、非言語コミュニケーションについて詳しくみてみましょう。

言語コミュニケーションとは

言語コミュニケーションとは、言葉を使ったコミュニケーションです。
主に手紙やメール等が挙げられます。非言語コミュニケーションとの違いは、文法が確立していて、それだけでメッセージが相手に伝わるという点です。

ただし、非言語コミュニケーションと比較して圧倒的に情報量が少なく、その言葉だけで相手の思いや感情を読み取る事が難しいケースも多々あります。

非言語コミュニケーションとは

非言語コミュニケーションは聴覚情報視覚情報を使ったコミュニケーション全般の事を指し、メラビアンの法則では実に93%にも及びます。

これは、話し手の表情や仕草、声のトーン等から相手の感情を読み取る、いわば五感を使ったコミュニケーションです。このコミュニケーションは相手に多くの情報を与える事ができ、よりスムーズなコミュニケーションを生むといわれています。

 

メラビアンの法則の正しい解釈

実は、過大解釈されている事の多いメラビアンの法則。
ここでは、正しい解釈について説明していきますね。

メラビアンの実験

「メラビアンの法則」の実験は、話し手が「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」について、それぞれが矛盾した情報を発した際、聞き手はどの情報を優先するのか、という条件の元で行われました。

つまり、話の内容と、声の質や話し方、態度や仕草に矛盾がある場合、聞き手はどのように受け取るのかという実験になります。
例えば、言葉では「嬉しい」と発しているのに、その声のトーンは低く、表情は暗いなどのケースです。

「人は見た目が最も重要」とは言いきれない

「メラビアンの法則」誕生後、この法則が一人歩きした部分があり、実験の前提を無視して語られる事によって「言葉よりも見た目が大事」というような議論の根拠に使われるようになりました。
その結果、過大解釈されるようになってしまいました。

2005年に日本で発売されベストセラーとなった「人は見た目が9割」も、メラビアンの法則から名付けられたと言われています。

しかし、ここで間違えた解釈をしてはならないのは、メラビアンの法則はあくまで特殊な状況下で実施された実験から得られた数値だといいうことです。

そのため、必ずしも「言葉より見た目が重要」とは言いきれないという事を理解しておきましょう

コミュニケーションの4つの壁

ここでは、人が相手を受け入れる時に立ちはだかる4つの壁についてご紹介します。

外見

外見つまり視覚情報です。
表情や目線、そして服装や髪型などの身だしなみも含まれます。
特に初対面の人と接する際には、TPOをわきまえた身だしなみを心がけ、相手に警戒心を持たせないような表情、そして目線の位置や動きにも気をつけることが大切です。

態度

態度。これも視覚情報の一つです。
話す時の姿勢、そして動作や仕草なども見られています。相手の信用を得るには、話の内容以上にこの態度を意識しましょう。

話し方

話し方は、聴覚情報です。
話し方や声のトーン、大きさ、速さなどを相手に合わせて変える必要があります。相手が急いでいるのに、こちらがゆっくり落ち着いて話してしまうと、違和感や嫌悪感を与える可能性があります。逆に、相手がゆったりとした態度で聞く姿勢を持っているのに、こちらが慌てて話してしまうと、うまく内容が伝わらないという事もあるでしょう。内容以上に、話し方には注意しましょう。

話の︎内容

最後の壁は話の内容、つまり言語情報です。
相手とコミュニケーションを取る時、ここが間違っていればいくら他の3つの要素が優れていても、矛盾を生んでしまいます。話の内容や言葉の選び方も、話し方と同様に相手に合わせて変える必要があります。

 

メラビアンの法則を意識するメリット

それでは、メラビアンの法則を意識してコミュニケーションを取る事により、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

︎第一印象をアップさせる

まずは、第一印象です。

メラビアンの法則を意識し、発する言葉、話し方、態度や身だしなみなどに気を付けることで、第一印象をいいものにすることができるでしょう。

コミュニケーション能力をアップさせる

そして、コミュニケーション能力です。
メラビアンの法則は、言語コミュニケーション・非言語コミュニケーションのバランスを体現している法則であると言えます。

このバランスを意識し、聞き手に与える影響を想像しながら会話するしてみましょう。
同僚や上司・部下との日頃のコミュニケーションの際にも、ぜひ意識したいポイントですね。

相手に伝える力をアップさせる

最後に相手に伝える力をアップさせるという点です。
語情報、聴覚情報、視覚情報、それぞれの持つ情報を一致させる事で、自分の伝えたい事がより相手に伝わりやすくなります。

メラビアンの法則の活用ポイント

日常でメラビアンの法則を活用する際のポイントは、どんなところでしょうか?

視覚情報・聴覚情報・言語情報が一致していること

視覚情報、聴覚情報、言語情報の方向性が一致している事がとても大切です。
それは、言葉でいくら「頑張ります」と言っても、声は小さく、目線は下を向いているような態度では、視覚情報、聴覚情報、言語情報の情報が一致しているとは言えません。

むしろ相手に矛盾を感じさせ、不快感や怒りを与えてしまうでしょう。
この3つの要素を一させることに、注意が必要です。

非言語コミュニケーションをうまく使う

メラビアンの法則では、相手に与える影響として「聴覚情報」「視覚情報」の非言語コミュニケーションが9割以上を占めています。ただ意識するだけではなく、それをうまく使うとよりスムーズなコミュニケーションが期待できるといえます。

簡単な例を挙げると、ポジティブな言葉を発する時には、はきはきと大きな声で快活に話し、「大きくなる」事を表すようなジェスチャーを加えると、より相手にインパクトを持って伝える事ができるでしょう。

言葉(言語コミュニケーション)の選び方に注意する

最後に、言語情報です。
メラビアンの法則においては7%と低い数値ですが、相手に何かを伝えるという場合に、その重要性の高いのです。

内容や言葉選びを間違えてしまうと、いくら非言語コミュニケーションが優れていても、それが台無しになってしまいます

上司・部下の間のコミュニケーション

最後に、上司と部下の間のコミュニケーションにも活用してみましょう。
特に、部下は上司の言葉選びや態度に敏感になっていることも多いので、あなたの選ぶ言葉などには言葉、態度ともに注意を払う必要があります。

例えば、報告に来た部下に対し、上司が相手の目も見ず、パソコンに向かいながら「よく頑張ったな」と発したとしても、部下には何も伝わらないでしょう。むしろ、期待と違う反応に戸惑い、努力を評価されなかった事に対して怒りや悲しみの感情が生まれるかもしれません。そして、部下のモチベーションの低下につながるかもしれないのです。

日頃の小さなコミュニケーションであっても、この3つの要素のバランスと一貫性が重要です。

 

まとめ

メラビアンの法則を「言葉より見た目が大切」と理解するのは拡大解釈であることをご理解いただけたでしょうか。
その上で、メラビアンの法則を意識する事で、日常や仕事場においての第一印象のアップや、コミュニケーションスキルのアップにつなげていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました